<がんばろう日本>のシール作成

がんばろう日本のシール写真.JPG

<大震災支援のためのシール>

 

  足立区では私たちの「足立イコー会」、「未来クラブ」、「風大地」、

「オンリーワン」の異業種交流4団体で「あだち異業種連絡協議会」が

 形成されています。

 「あだち異業種連絡協議会」に属している企業の方が、今回の大震災

 の義援金とするため、写真の「がんばろう日本」というシールを作成

 されました。 (サイズ: 50mm × 30mm)

  ぜひこのシールをご利用され、大震災の復興のためにご協力願います。

 

 * ご購入ご希望の方は次の電話番号まで

  お問い合わせください。 

  「オンリーワン」所属  

  <会社名>(有)日幸印刷

  <連絡先>(電話03−3886−5921)

  <担 当> 石 黒  

 

 (使用例1)

   地震の直後、残念ながら、災害からまぬがれた地域で「買占め」が

  始まり、大きな社会問題となりました。

   一人一個という表示のあるスーパーのパニック状態の納豆売り場で、

  該当の商品に「がんばろう日本」シールを張ったところ、このシール

  をみてパニックが収まったということでした。

 (使用例2)

   社長はじめ従業員すべて、作業服に「がんばろう日本」のシールを

  胸に張り、心を一つにして、この災害に伴う苦境を乗り越えようして

  います。

イコー会は情報発信します!

情報_ver2.jpg

足立イコー会は、情報を積極的に発信していきます。会員各社には、長年の事業活動の中でコツコツと地道に培ってきた「技」や「智恵」があります。正直なところ、こうした自社の特徴や強みをうまく表現して、お客様にご説明することは少々「ヘタ」かも知れません。

そんな私たちですが、もっともっとより多くのお客様のお役に立ちたいと考えています。このホームページや、展示会等への出展を通じて、「私たちはこんな技術を持っています。」ということを積極的に発信していきます。発信する努力をするなかで、少しづつ「口下手」も改善していきたいと思います。

展示会等への出展・参加

足立イコー会では、例年、産業交流展機械要素技術展等の見本市に共同出展し、自社の技術のPRに努めています。また地元においてはあだち環境フェア等のイベントにも積極的に参加しています。

より広く私たちの技術やサービスを知ってもらいたい。そのためには、まず自社の強みや特徴を自らがはっきりと自覚しなくてはなりません。なかなか自分では気がつかない自分の良さ。出展にあたって会員がディスカッションする中で、お互いの良さを再発見することもしばしば。これも異業種交流ならではの意義なのかも知れません。

「イコー会ニュース!」のコーナーで、随時出展のお知らせや、出展結果の報告をしてまいります。

バーチャルショールーム「町工場の底力」

このサイトの、バーチャルショーム「町工場の底力」コーナーでは、随時、各社の技術を紹介していきます。こんなものが得意です! これなら任せてください! イコー会各社が、自慢の技術を持ち寄って、このWEBサイトに「展示」していきます。どうぞ、ご期待下さい。

イコー会ものづくりバナー.jpg

→ バーチャルショールーム「町工場の底力」

「がんばろう日本」新シール

新シール1-1.jpg2011.10.22

  異業種交流会の仲間が、今でも苦しい思いをされている東北の人たちを忘れないために、東日本大震災で被災した人々のために「新シール」を作成されました。このシールを使用することで被災された方々を応援しましょう。

 <作成された会社> 

   有限会社 日幸印刷 03−3886−5921石黒まで